現在の納期

1120日【火曜】

までに出荷します

結婚式から3ヶ月後に
結婚報告のはがきを出すことはできる?

一般的に、結婚式から約3ヶ月までに結婚報告のはがきを出すのがマナーとされています。
しかし、結婚式のあとは引越しや書類の手続きで忙しく、結婚報告のはがきを出していないまま3ヶ月以上経ってしまったという夫婦の方も多いと思います。
そんな時、
「はがきで報告をすることはできるのか?」
「誰にはがきを送るべきなのか?」
というような疑問を抱くと思います。
そこでこの記事では、結婚式が終わって3ヶ月以上が経った場合のはがきでの結婚報告について詳しくご紹介します。

結婚式から3ヶ月以上経ったが、はがきで報告すべきなのか

結婚は周りの方の支えがあってはじめて成り立ちます。
そのため、結婚の報告をすることはとても重要です。
また、結婚報告のはがきは、結婚式に出席してくださった方へ感謝の気持ちを改めて伝える役割を果たします。
たとえ結婚式からの期間が空いてしまったとしても結婚報告のはがきは送るようにしましょう。
遅くなってしまった場合、報告が遅くなってしまったことを詫びる文章を入れると良いですが、謝罪を強調しすぎないことがおすすめです。

結婚式から3ヶ月以上経った場合、誰にはがきを出すべきなのか

一般的に、結婚報告が遅くなってしまったからといって送り先に変化はありません。
そのため、感謝の気持ちを伝えたい全ての友人や知人にはがきを送るのがおすすめです。

  • 結婚式に来てくださった方

    実際に披露宴に出席してくださった方には、結婚の報告というより、結婚式の出席に対するお礼状として結婚報告のはがきを出しましょう。

  • お祝いをしてくださった方

    披露宴当日には出席できなかったけれど、お祝いをくださった方には結婚の報告や結婚式の様子が伝わるような写真付きのはがきを出します。

  • 友人・知人

    結婚することでプライベート面は大きく変化し、働き方にも影響を与える可能性があります。それらをスムーズに理解してもらうためにも、会社の方に結婚を報告することは大切です。会社の上司・同僚には、結婚の報告や新たな姓などをきちんと伝えましょう

この記事では、結婚式が終わって3ヶ月以上が経った場合のはがきでの結婚報告について詳しくご紹介しました。
結婚報告のはがきは、送り手も、貰い手も幸せな気持ちになります。
大切な方へ、一生思い出に残る結婚報告のはがきを送りたいですね。

コラボ・ウエディングなら思い通りの結婚報告はがきを簡単にお作りいただけます。
まずは無料会員登録をして試作を作成してみてください。
お試し印刷まで一切料金はかかりません。

新規会員登録